header-icon 結婚式場の情報

ロールスロイス

結婚すると決まったらまずは何をしますか。
双方の親へ挨拶をし、新生活にむけて様々なことをしていかなくてはなりません。
最近は、結婚式をしないカップルも多いと聞きますが、結婚式を行うのかもしれません。
ウエディングとなると、まずは式場を選ばなくてはなりません。

何を基準に選ぶかは人それぞれでしょうが大きく分けてホテル、ゲストハウス、そしてレストランの三つがあげられます。
一つめとして、ホテルでのウエディングで、式場としてもポピュラーです。
メリットは少人数から大人数まで対応できることや、宿泊施設ですので遠方からの招待客にも便利です。
しかし、何件かの挙式が平行して行われている可能性もあり、他の花嫁さんと遭遇することもあるので、自分が主役という特別感は味わいにくいかもしれません。
二つめは、ゲストハウスでのウエディングで、最近は式場としても周知されつつあります。
ゲストハウスのメリットは何といっても貸切状態の挙式であるということで、新郎新婦の個性を出したオリジナルのウエディングを行うことができますし、自分が主役の特別感を味わうことができます。
デメリットとしてはオリジナル感を出すがために、費用が高めになってしまうことと、招待人数に限界があり、100人程度を上限としているゲストハウスが多いようです。
三つ目は、レストランです。
式場として常に営業しているお店とそうではないところがあります。
メリットは料理の幅がひろがることと、アットホームに小規模に出来ることですが、お店の造りがウエディング向けではない場合もあります。

いずれにせよ、二人の理想とするウエディングスタイルをよく考えて選ぶとよいでしょう。

header-icon ゲストハウスで式

車

結婚式と言えばホテルなどでの式場で行うものが一般的でしたがここ最近ではゲストハウスウエディングやレストランウエディングという式場とは違ったタイプのウエディングスタイルが流行しています。
金額もかかる事ですし一生に一度の結婚式こだわりを持っている方も多いはずです。
式場だと決まった内容のプランにオプションをつけたりしての挙式となりますが、プラン以外にも契約のお花屋引き出物などがついてきます。

しかし、ゲストハウスなどの場合、決まりが少なく新郎新婦の思い通りの演出や装飾が出来るので人気が高まっています。
最近人気なのは迎賓館などの洋風の建築物に素敵な庭で行われる人前式のガーデンウエディングです。
天気が安定するこれからの季節にはぴったりで、教会や式場ではなくゲストに誓うので親族、友人など近い人たちでの式に行われるものが多いようです。
青空の下、料理を並べ立食パーティーの様な形式などもありスタイリッシュな式になります。
挙式にこだわりがある人ほどゲストハウスの特徴である一件貸切の式の方が時間に制限もなく忙しい参列者の為に夜に行う式も行う事ができ、参列者も仕事帰りなどにも来れるのでカジュアルな1.5次会のような式にも対応が可能です。
夜だからこそできる演出もあるので、普通の式場では出来ないものも人気でキャンドルを並べて幻想的な雰囲気の中、執り行われる挙式はさらに印象的になります。
ホテルなどの挙式とゲストハウスウエディングどちらのタイプが自分に合ってるのか考えて検討するのが良いと思います。